FXという外国為替取引について

外国為替を用いる投資法で、一番王道なのが「FX」という取引方法があります。
FXの正式名称は「外国為替証拠金取引」。
インターネットの発達により、パソコンさえあれば誰でもできることから投資を身近な存在させた立役者だと言えるでしょう。

一定のお金を入金し、そのお金を資金として取引を始めます。
コンピューター上とは言え、手元に無い大きなお金を操れることはリスクが高いイメージは否めまん。
しかし初心者だからこそ、安全かつしっかりと基礎知識を身につければ大きな損害を受けることはないと思います。

基本は預けた資金の10倍〜数百倍の取引が可能。
1万円を業者に入金したとすれば、10〜100万円分の外国為替を購入することができます。
先程も言いましたが、これはメリットでもありデメリットでもあるので無理のない取引を行ってください。

そしてFXのもう1つの特徴は、外国為替と言っても通貨を買うだけの取引ではありません。
もちろん売ることも可能です。

通常の外国為替取引は「ドルを買って円を売る」ことでドルの外貨預金をすることができますがそれだけではありません。
もし買うのみであれば、円安でしか外貨預金が有効にならないというのは理解できますか?
FXは逆の「ドルを売って円を買う」という取引も可能だという意味です。
この取引であれば、円安、円高関係無く利益を生みだすことが可能になります。