為替レートの仕組みを説明します

外国為替を知る上で、外せないのは「為替レート」というものなんですね。
ニュースや新聞を見ていると「今日の為替相場」という紹介欄が必ずあると思います。
アメリカドルと日本円の関係を紹介していますが、それが為替レートです。

為替とはアメリカドルと日本円のことだけではなく、全世界のレートを指すもの。
ユーロと円、ポンドと円などまさに全世界のレートを表示しているものが為替レートと呼ばれているものです。
全世界の通貨が日本円だといくらになるのか、外国為替投資をするには一番見なければいけないポイントになってきます。

為替レートは「相場」とも言いますよ。
例えばアメリカドルと日本円の交換レートが「1ドル=100円」だったとします。
この時点で日本人がアメリカ旅行の為に10万円をドルに交換すれば1000ドル手元に来るのは理解できますか?
逆も同じで、アメリカ人が日本旅行の為に1000ドルから日本円に変換すれば10万円手元に来ます。

しかし為替レートが数時間後に「1ドル/200円」に変動したとします。
アメリカ旅行をしていた日本人が日本に帰国した場合、1000ドルを変換したら20万円になった。
逆も然りで、日本旅行をしていたアメリカ人がアメリカに帰国した場合、10万円を変換したら500ドル手元にきた。

日本人は帰国して10万円の得をして、アメリカ人は帰国して500ドル損をした。
これが投資なんですね。

この仕組みは、需要と供給のバランスによって起こるものです。
市場には1ドル/200円になった瞬間に円をドルに交換したい人はたくさん出てきます。
こうなると市場のドルが足りなくなります。
ここで為替レートが変動しドルの価値が上がるわけです。
これとは逆にドルの価値が下がることもありますよね、それが為替レートの変動というわけです。